WordPressを最新バージョンに更新したところエラー発生

WordPressの最新バージョンの5.3が更新されました。

タイトルの通りなのですが今回ストークテーマを利用してWordPressを更新したところ記事が更新できないという致命的なエラーに遭遇しましたのでエラーの解消方法を素人の僕でもできた方法を紹介します。

なお本当のずぶの素人なのでもっと良い解決方法があるかと思いますがアップデートによるエラーはほとんど解決できると思います。

エラー発生までの経緯

OSなどの更新案内が出ていれば更新していれば良いだろうといつも適当に更新していましたが今回WordPressのバージョンを更新を何も考えずに更新したところブログにエラーが多発してしまいました。

更新はプラグインとテーマとWordPressの3つ同時に更新していたので原因がわからないので一つ一つ原因を探ってみるとどうやらWordPressの更新が原因だとわかりました。

補足

「がじぇらいふ」は有料テーマ「ストーク」を利用しています。
トラブル報告を検索した際に各テーマの利用者ごとによってエラー報告の内容がかなり異なってるように感じましたので本記事はストークにて起こったエラー解決方法になります。

更新してどのようなエラーが発生したか

まず記事を書こうと思ってWordPressにログインしてダッシュボードに更新のマークが出ているのに気づきました。

いつも気にせずにバージョンアップしていたのでそのまま更新していざ記事を編集しようとした際に記事の投稿ページの画面が真っ白になりました。

ブログのダッシュボードやメディアなどのページには表示されますが記事投稿や記事編集ページが開いもまっしろで何も表示もされなければ何も反応がありませんでした。

ネットで調べるとWordPressの5.3のアップデートを行って他テーマでレイアウトや軽度の表示エラーは報告があったのですがストークで投稿ページが白紙になるエラーは乗っていなかったのであれこれ調べたところアップグレードを取り消しする形でなんとか解決できました。

エラーの解決方法

WordPressのバージョンアップが原因だと特定できたので編集可能だった状態に戻すためにWordPressのバージョンをダウングレードします。

エラーや不具合は不具合発生前の状態に戻すことで更新によるエラーは解決されます。

ダウングレードするにあたって【 WP Downgrade | Specific Core Version 】というプラグインを利用します。

名前の通りWordPressのバージョンをダウングレードするためだけのプラグインになります。

WP Downgradeの使い方

まずはプラグインを導入します。

プラグインメニューからWP Downgradeをキーワード検索します。

プラグインをインストール後に有効化して設定メニューからWP Downgrade起動します。

プラグイン起動後に変更したいバージョンを入力します。

今回のケースだと5.2.4が更新前のバージョンになりますのでWordPress Target Versionの入力欄に5.2.4の数値を入力します。

WordPress Target Version は戻したいバージョンの数値を入力しますが今までのリリースされたバージョンはこちらで確認できます。

現在のバージョンはCurrent WP Versionに記載されています。

ちなみにLanguage Detectedは言語の表示になります。

ダウングレードするバージョンを入力したら変更を保存

するとプラグインメニュー下部に追加項目が表示されますので【Up/Downgrade Core】をクリック

edit download URLは指定URLからのダウングレードをする場合に利用しますがプラグイン内ですべて完結できるのでチェックは不要です

準備ができましたらダッシュボードの更新メニューに移動しますのでバージョンが指定したバージョンの再インストールボタンが出てきているのを確認して間違えがなければ再インストールをクリック。

再インストールが完了しましたらWordPressのバージョントップページが表示されますので以上でWordPressのダウングレードは完了です。


ダウンロードが完了しましたら不具合が出ていた動作確認をして問題なければ終了です。

更新時にバックアップを取りましょう

今回はWordPressのダウングレード作業のみ行いましたがWordPressにバージョンアップやテーマの変更、カスタムやWordPressの設定を変更する場合は必ずバックアップを取るようにしましょう。

僕は今回たまたま原因がすぐ特定できましたがテーマの更新やプラグインの更新もしていたので原因がわからないという最悪の事態になる可能性もありました。

最初はストークのアップデートを疑いましたがストークのバージョンをダウングレードしても記事が表示されず、違うテーマに変更して試したところ記事は編集できるようになったのですがメディアファイルの画像が読み込めなくなっていました。

この原因特定とエラーの対応で2時間くらいもかけてしまっているのでいかにバックアップを取ることが必要か身に染みわたりました。

最悪ブログページにログインすらできずに白紙の表示になる場合もあるみたいなので今後は徹底してバックアップを取るようにします。

まとめ

今回はWordPressのバージョンアップでエラーが出た際の対応方法としては僕みたいな初心者には確実かなと思える方法を紹介しました。

F12キーの検証で具体的な原因が表示できるようなのですが正直学のない僕にはなかなか理解できなかったので万人の解決方法として利用できると思います。

WordPressはアップグレード後すぐはテーマ導入している方はレイアウト崩れや表示ずれなどやプラグインの挙動がおかしくなることが多々あるそうなので5.〇などの小数点第一の数字が変わるような大きな更新の際は様子見してから行うほうが良いです。