サブドメインからルートドメインに移行する方法

今回はサブドメインからルートドメインに変更した際の解決方法とブログの検索順位や表示に影響のあるSEOの評価に関して調べましたので記事にまとめてみました。

そもそも今回なぜサブドメインからルートドメインに変更することになったかといいますとブログのブの字も知らなかった僕がブログを始めるにあたり良くわからないままサブドメインの設定からWordPressをインストールして開始してしまったからです。

別に気にしていなかったんですがせっかくやるからにはアクセス数など伸ばす方法を調べていると三者三葉の意見があったのですがルートドメインがアクセスできない状態でサブドメインにみで運営しているブロガーが見当たらず、ルートドメイン、サブドメインの関係性はアクセスにも影響するとの意見が多数あったため紹介します。

ルートドメインとサブドメインとは

まずルートドメイン、サブドメインとは何ぞやって人向けに解説します。

僕も始めたては全く理解していなかったのですがドメインとは簡単に言うとネットの住所のようなものです。

ルートドメイン

ルートドメインが主となるものなので一軒家と離れが併設されているとしたら一軒家になります。

取得したドメインそのままがルートドメインとなります。

このブログですと https://kuroin.com/ がルートドメインになります。

サブドメイン

ルートドメインの説明の際に敷地内の一軒家という例えをしましたがサブドメインは同じ敷地内の離れの建物というイメージになります。

ルートドメインのhttp//の後ろに任意の文字も決めて作成できます。

契約サーバーにもよるとは思いますが僕が利用しているエックスサーバーはサブドメインが無料で利用できるのでドメイン取得費用をかけずに運用できます。

SEO的に見るサブドメインとルートドメインの関係

そもそもSEO的にルートドメイン、サブドメインでは評価など相互的に影響があるのかというのが調べれば調べるほど疑問ですが半数以上の方が相互的に影響があるというのが定説です。

Googleの検索エンジンはルートドメイン、サブドメインもクロールして評価するということなのでルートドメインからサブドメインに一方的に影響を与えるだけではないと考えられます。

つまりサブドメインで内容のまったく異なるブログなどを運用する際はルートドメインで取り扱っている内容の専門性が薄れてしまって検索順位に悪い影響がでる可能性があります。

実際にドメイン変更してみました

少し前に紹介した【 All-in-One WP Migration 】を利用してドメイン変更してみました。

詳しいプラグインの紹介はこちら

ドメイン移行・引っ越しに最適 All-in-oneWP Migrationの使い方

手順はドメイン変更(引っ越し)とまったく一緒です。

サイトのバックアップ経由の移行が完了しましたらサブドメインのURLで全く同じサイトが残っていると思いますので301リダイレクト設定を行います。

サブドメインからサイト始めてしまってルートドメインに変更する場合は別のやり方もあったんですがなかなか上手くいきませんでした。

FTTPファイルを編集して変更するよりも僕みたいなネット音痴にはおすすめの方法になります。

実際に変更してみてこれから影響が良い方向になってくれれば良いんですがまだまだ誰も見ているようなブログではないのでアクセス検証はできないのですがサブドメインから始めてしまった人ってブログ始めたての人が多いと思いますのでこの記事が是非役に立ったならと思います。