画像圧縮プラグインCompress JPEG & PNG imagesの使い方

ブログ運営初心者である僕が使い勝手が良いと感じた画像圧縮プラグインCompress JPEG & PNG imagesの使用感と使い方を紹介します。

ブログを運営するにあたって色々下調べしてメジャーどころでよく目にする EWWW Image Optimizer を最初は導入したんですが画像の劣化が激しく感じたので別の画像圧縮プラグインを探しているところCompress JPEG & PNG images を見つけました。

プラグインを変更することでかなり画質劣化を抑えられているので使用感や導入方法をご紹介します。

Compress JPEG & PNG imagesとは

Compress JPEG & PNG imagesとはワードプレスのプラグインになります。

ブログに画像をアップロードすると自動で画像圧縮をする+今までにアップロードしている画像を後から再圧縮することができます。

ブラウザ版でも画像圧縮ができますが毎回画像圧縮してから再ダウンロードをするのが面倒な人におすすめです。

記事導入部分でも書いていますが計3つ目くらいのプラグインを試したのですがその中で一番画質の劣化が抑えられると思います。

Compress JPEG & PNG imagesの導入方法

ワードプレスのブログ管理画面左のプラグインからCompress JPEG & PNG images をキーワード検索します。

プラグイン名を入力して検索するとトップの左に出てきます。

パンダの半笑いの画像の赤丸箇所のプラグインです。

【今すぐインストール】をクリックしてプラグインを追加

インストールが完了しましたら【有効化】をクリック

有効化しますとプラグインの設定画面かサイドメニューから設定にて【 Compress JPEG & PNG images 】をクリックすると設定画面が開きます。

利用するには登録が必要になりますので氏名、メールアドレスを入力します。

メールアドレスのURLをクリックするかAPIkeyを入力すると月500枚まで無料利用できるようになります。

画像圧縮の設定

画像圧縮の設定は項目も少なく一度設定すれば変更することはほぼないので簡単です。

めんどうな方は説明を読まなくとも下記設定画像から赤〇の箇所のチェックを入れるだけで基本的な設定はできます。

では設定項目を上から説明します。

New image uploads

画像圧縮を行うタイミングを指定します。

特にこだわりがなければアップロードと同時にバックグラウンドにて圧縮を開始する設定で問題ないです。

Image sizes

生成する画像サイズを指定して圧縮する設定になります。

基本的にはオリジナルサイズ(アップロード画像)の圧縮だけで大丈夫ですが必要に応じてチェックを入れましょう。

ちなみにこちらのチェックを入れた枚数分一度のアップロードで圧縮されますのでひと月に500枚の制限がありますので可能な限りはチェックを外しておきましょう。

画像を多用する記事を多数あげられる方は特に注意が必要です。

Original image

アップロードしたオリジナルサイズの画像のリサイズの設定になります。

幅、高さの上限を設定していると指定サイズを超えていると自動でリサイズしてくれるのですがこちらのプラグインでは利用していないので動作や他プラグインとの干渉に確認ができていないのでチェックは外しています。

下から3つのチェックリストは画像情報の削除を行わない項目にチェックを入れます。

上から「作成日時、撮影日時」「著作権情報」「GPS情報」になります。

注意点

*画像にはExifという規格 のデータ形式がありますがスマートフォンなどで撮影した写真データなどには撮影時の設定やGPS情報などが記録しています。

Exifデータが残っていると自宅などの場所が特定される可能性があり大変危険なのでGPSデータは必ず削除するようにしましょう

GPS情報などは自宅で写真を撮影している場合など必ず削除したほうが良いので 画像をアップロードする場合は基本的にはチェック欄はすべて空白で問題ありません。

アップロード時の圧縮設定は以上になります。
圧縮に関することのみの設定になるのでかなり簡単に設定ができます。

設定が終わりますと忘れずに【変更を保存】クリックしましょう。
以降メディアにアップロードされる画像は圧縮されます。

アップロード済みの画像圧縮

すでにメディアに画像をアップロードしている場合にも後からメディア内の画像を圧縮することができます。

ダッシュボード内左メニューからメディアを選択します。

メディア内の【Bulk Optimization】をクリックします。

  • UP LOADED IMAGES

アップロードしたメディア内の画像総枚数

  • UN COMPRESSED IMAGE SIZE

メディア内の未圧縮の画像枚数

  • ESTIMATED COST

ひと月の無料枚数を超えている場合などに費用が発生する場合はこちらに金額が表示されます。
500枚は超えたことはほとんどの人がないとは思いますので気にしなくて大丈夫だと思いますが万が一、金額が表示される場合は無料枚数に収まるように枚数を減らしてから利用しましょう。

未圧縮画像がある場合はページ下部にスタートボタンが表示されますのでそちらをクリックすれば圧縮が開始されます。

右側の表は圧縮済みの画像がどれくらいの容量分圧縮できたかの表示になります。

以上でCompress JPEG & PNG imagesの導入方法と設定方法になります。

Compress JPEG & PNG images使用感

他のプラグインと比べても機能面、無料枚数制限も遜色なく、一度設定してしまうとあとは自動で画像圧縮をするので非常に楽です。

このプラグインを利用して実際に3つほど比較した中でも画像の圧縮率と画像の劣化がほかのプラグインと比較しても一番少なく感じます。

しいて一つ不満を言うとExifデータの回転情報が削除されないためスマホなどで撮影した写真だと向きが縦長の横向きに寝てたりするのが少し不便ですがブラウザ上の画像圧縮などで写真データのExifデータを削除してから利用すれば向きの問題も解消されますし、写真などの大きなデータのもの二重に圧縮することでかなり容量も削減されるためそこまで問題でもありません。

なにより無料で利用できる+高品質で圧縮できますのでもし他プラグインなどで圧縮していましたら是非一度試してみてください。