予算一万でDIYパソコンデスク制作 

パソコンデスクDIY

どうもーがじぇです。

まずブログを始めるにあたって私の部屋にはノートパソコンしかなくパソコンを置くデスクなど存在しませんでした。
殺風景な部屋で過ごしていたのでまずは形からでも作業がしやすいようにデスク兼作業台を作成していきます。

それではぞうぞ!

制作にあたっての目標

今回は下記の要点を抑えた上でDIYします。  

予算は10,000円以内

今回のタイトルになっている通り僕のお財布事情もあるので予算は10,000円。
DIYの良いところって自分好みのものが作れることもかなり重要だと思うのでですが何より市販の物より安く作れること だと思っています。
ただ今は大型量販店でどこもびっくりするくらいいろんなもの が安く売っているので一概にDIYが安いとは言えませんが・・・

素人が作れるよう簡単設計

DIYはちょくちょくしますがどれも素人に毛が生えた程度のものしか 作っていないのでシンプルイズベストで設計します。
ただし使う以上安全な強度が保てるようにします。

パソコン以外に利用できるように幅を広く作る

今回DIYしようと考えた一番の理由ですが幅が150㎝前後で 奥行60㎝デスクが欲しかったのですがなかなか市販品に 希望サイズがありませんでした。
こういった自分の希望の用途に合わせて作れるのもDIYのメリットの一つです。

材料を調達

制作材料の調達天板天板候補にはいろいろネットで探したのですが デザインや材質は最高だと思ったものが高価なものだったり 近場で売っているサイズではなかったので ホームセンターを二軒ほど回ればどこにでもあるような パイン材をチョイス。

天板

色々な材料の木材がありますが天板としての強度や厚みも25mm以上欲しかったので今回はパイン材にしました。
サイズは長さ2100mm奥行600mm厚み25mmのパイン材を購入しました。

値段は4980+税。

パイン材DIY計画開始から何件かホームセンターを回りましたが 4店舗3店舗に同商品が置いていましたのでかなりメジャー 商品みたいです。
通販で購入すると送料が高くつくのでホームセンターで購入するのがおススメ。

デスク脚

デスク脚は天板より値段がかなりピンキリでいろいろ吟味したのですが 値段の安さでIKEAのADILS(オディリス)に決定。
アジャスター付きで微調整可能 なんとお値段1脚375円とあり得ない安さ。
脚はこれ以上安いものが見当たりませんでした。

天板用塗料

水性と油性のステイン材で迷ったのですが実家にて作業する+乾燥までに時間がかかることやにおいの問題で水生ステインに決定。
カラーは何種類かありましたが商品ページのサンプル画像を 見た感じ少し緑っぽい感じのダークオークをチョイス。

制作開始

材料も揃ったところでDIY開始。

脚の取り付け位置決め

まずはデスクの脚の取り付け位置を決めます。板自体が長いので角ギリギリにつけたかったため角から1㎝のところに線を引きます。

その引いた線2辺に脚のベースが線に収まるように ベースプレートを乗せて穴あけの位置を鉛筆で書きます。

そのまま脚のベースプレートを付属の木ねじで止めます。
四辺止めましたが一応予備に買っていた1本をデスクトップパソコンがきれいに収まるように寸法を測って真ん中に脚を追加しました。

横幅が1600mmもあるのでたわみも心配して補強の 意味も兼ねて取り付けしました。
ベースプレート取り付けた感じはこんな感じです。

天板に脚を取り付ける

そのままベースプレート脚側のねじを締めていきます。
取り付け後はこんな感じになります。

いったんこれで設置していきます。
机の角部分は先に紙やすり#400にて丸めておきます。

長さや奥行は想像通り良い感じですがここで問題が…

めっちゃ揺れます。

とてもじゃないけど体重をかけたりできないほど揺れるというか中央の板がしなるため机の奥の脚が浮き上がります。

これはとてもじゃないですけどデスク&作業台としては使えません。

天板の補強

急遽ホームセンターに追加で木材を購入。
ホワイトウッド35mm35mmの正方形の木材をゲット。

これを天板の裏板に止めて強度を上げることにします。
すでにベースプレートを取り付け済みなのでベースプレートをよけて木材を設置していきます。

こちらが取り付け後の天板裏です。

行き当たりばったりで急遽補強することになったのであまり見栄え的にはよろしくない気がしますがどうせ見えなくなるので強度を最優先で設置していきます。

補強のおかげでよっぽどの負荷をかけない限りほとんど揺れません。

裏につけたホワイトウッド角材が遠目から見たら普通に見えてしまっているんですがこれはこれで既製品のデスク感が出ていい感じになりました。

天板の厚みが25mmしかないので厚みが揺れの原因だと思うんですが補強することで強度が出たので30mmよりは横からみた雰囲気がスリムに見えるので素人DIYなので気にせず行きます。

天板に色を付けていく

そのままアサヒペンの水性ステインで天板に色を付けていきます。
ムラが出ないように素早く塗料を伸ばしていきます。

塗料がさらさらなので思った以上に染み込んでいくので素早く伸ばしていかないとかなりの色ムラの原因になりますのでここでミスすると仕上がりが汚くなるので気を付けてください。

一回だけ塗った感じだとパイン材の白地が少し透けて目立つので三度塗り したものがこちら。

塗料を塗った天板

良い感じに仕上がりました。
塗料の色が重ね塗りしたので緑っぽくないんですがやっぱり現物で色は見ないと少しイメージと違ったりしますね。

ただこれはこれで良し。
DIYなのでこういったことも含めてDIYは楽しいですよね。

長く使っていくために最後に蜜蝋WAXにて艶出し&天板保護していきます。
こういう商品は使ったことがなかったのでAmazonで評価が高かったこちらの商品を利用。

ウエスで適量をすくい取り薄く伸ばしていく作業をひたすら繰り返して全体にワックスが浸透するようにします。
ワックスを均一に伸ばしていかないとダマになっているところがなかなか乾かない+光の反射が汚く見えるので拭き上げるくらいで伸ばしていきます。

完成写真

モニターとキーボードを置いて完成。

WAXを塗ることでテカテカになりすぎずちょうど良い感じに艶がでました。
かなり良い感じにできたと自己満足。

見た目はそこまでチープじゃありませんし、なんならパッと見は売り物のデスクに見えるような見えないような。
まぁ自分で作ったので愛情があるのでそう見えるだけかもしれませんが・・

とにかく満足がいくものができて非常に満足です。

制作費用と感想

  • 天板用パイン材 ¥4,980
  • IKEAオディリス 脚 5本 ¥1,875
  • アサヒペン 水性ステイン ¥1160
  • 蜜蝋WAX ¥1,080

税抜き計 ¥9,050

ぎりぎりですがなんとか税込みでも¥10,000以内で納める事が出来ました。

ステインを塗った刷毛や紙やすり、組み立て工具はすでに家にあったものを利用したので費用に入れていませんが手回しドライバーと紙やすり、刷毛をそろえても+¥1,000ちょっとなのでかなり安く作れますので興味のある方の参考になればと思います。

今回パソコンデスク兼作業台のDIYをしましたが自分の作りたかったイメージ通りにほぼほぼ作ることができました。

寸法の測り方など雑かった部分はありますがこういったことも含めてDIYの楽しさなので無事完成できてよかったです。
参考になるかわかりませんが机を作ろうとこの記事を見た方がいればこんな感じで僕でも作れるのでぜひ皆さんもチャレンジしてみてください。